睡蓮の幻
泥の中に根を張って、冷たい水の上に美しい花を咲かせる。その花の名前はナークローゼン(睡蓮)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録
ラヴィエラの裏設定メモ他。
変わるかも。変わらないかも。

【ラヴィエラ裏設定メモ】

本名:ラヴィエラ・メイヴィス( Laviera Mavis )

7月9日生まれ、B型。

●裏性格
しっかり者のふりをしたうっかり者。
一生懸命取り繕ってる見栄っ張り。
自分を良く見せたいのは、人から好かれたい&評価されたいから。

清廉で凛とした大人になりたい。
それは過去の否定から。

教養は付け焼刃。たまにおかしい。
学はあまり無い。文字は小さい頃に教会の神父に無償で教えてもらった。
放浪中に物好きな貴婦人から「常識らしきもの」を習う。
その後魔法剣士に。

実は若干方向音痴気味。

記憶が戻るまで得体の知れない焦燥感と喪失感に苛まれる。
普段はそれ程でもないけど、時々ぶわっとこみあげてくる。
→ふらふら放浪する理由のひとつ

●裏特技

器用さはほどほど。鍵無し錠開けは無理。

実は裁縫が得意。
子供の頃は裁縫の内職をしていた。
でも忘れているので、今は得意ではない。
やればできるはずが、やりたいと思わない。
ボタン付けは割と好き。

料理は微妙。簡単なものしか作れない。

●記憶喪失
ラヴィエラは崖から落ちたと思い込んでいる。
実際は崩れたところから一階層下に落ちた。
落ちた先に屋根があって、落下距離が短かったので軽傷で済む。
しかし、屋根から転げ落ちて骨折。
(屋根から落下する時、偶然木の枝の上に落ちたのでワンクッション有り)
斬られた傷もあり、血まみれになりながら逃走。
(このままここにいると殺されると思ったから)
逃げた先で転び、倒れた拍子に頭を強く打ち、気を失う。
目が覚めたら記憶喪失になっていた。
半分は心因性。
記憶を取り戻す時=精神的に強くなった時。

●ナークローゼン
所属していた義賊団の名前。
ラヴィエラの実兄が発足・運営・管理。
最初は普通の義賊団。
悪い金持ちから盗んだものを匿名で貧者に配る。
途中からグダグダ。私利私欲に走る。
目撃者は全て消すというスタンスだったので、
お尋ね者にはなっていないし、自分たち以外に名前を知る者はいない。
ラヴィエラが居なくなった後に兄の手で壊滅。もしくは解散。

●経歴
貧乏一家に生まれる。
ラヴィエラが5歳の時に、両親(元々育児放棄気味だった)が失踪。
兄と共に最下層スラム街のボロ家に置き去り。
 ↓
兄は酒場の下働き。
ラヴィエラは裁縫の内職をして家計を手助け。
でも貧乏。ギリギリ食べていけるくらい。
 ↓
ラヴィエラが10歳くらいの時に事件。
ラヴィエラが奴隷商人手下の人攫いに騙されそうになる。
兄、怒って最初の殺人を犯す。
兄、何かが吹っ切れる。
以後強盗に手を染める。
 ↓
奪った金が余ったので近所の老人に分けてあげたら感謝された。
罪悪感が薄らいだ気がした。
 ↓
10代の若者たちで義賊団「ナークローゼン」結成。
兄がリーダー。一番強くて一番働くカリスマリーダー。
でもラヴィエラには絶対に殺しをさせないので、
手下の中には不公平だという不満が溜まっていく。
空気を読めないラヴィエラが綺麗事を言うので余計ムカつかれる。
 ↓
ラヴィエラ16歳?
強盗に入った所にいた少女を逃がそうとする。
少女と逃亡。とりあえず逃がしてから戻るつもりだった。
追いかけてきた兄に斬られる。なんとか逃げる。
その際「ラヴィエラ」と叫んだのは兄ではなく、兄の友達。
心配で追いかけてきたらしい。
ラヴィエラは兄が名前を叫んだと思い込んでいる。
(その人はラヴィエラにとって第二の兄のような存在だった)


記憶を取り戻すのは辛いけど、取り戻すまでずっと
得体の知れない恐怖と焦燥感、喪失感がつきまとうので
やっぱり記憶は取り戻すべき=強くなるべき



スポンサーサイト


カテゴリ



最新記事



プロフィール

ラヴィエラ

Author:ラヴィエラ
このブログはPBW『エンドブレイカー!』のPCラヴィエラ(c03887)のキャラブログです。

ブログ内の物語は全てゲーム世界の中の話であり、現実世界とは一切関係ありません。

【リンクについて】
ラヴィエラの知り合いに限りリンクフリーです。
リンク報告は必要ありませんが、報告して頂ければ喜んでリンクをはり返します。
報告がなくても気付いたらはり返すかもしれません。



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。