睡蓮の幻
泥の中に根を張って、冷たい水の上に美しい花を咲かせる。その花の名前はナークローゼン(睡蓮)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TW1終了
『無限のファンタジア』が終了しました。
確か2006年の夏に始めたので、ほぼ4年続けたことになります。
途中お休みしたりして、全体的なストーリーには積極的に関わることなく、
旅団で遊んでいるだけでした。
過去の流れなんて追い切れない!
リアイベには何度か出撃しましたが、積極的ではなかったなあ。
でも、それでも十分面白かったです。
終わるとなると寂しいですね。

私にとって初のPBWで、初の男キャラで、初の長期にわたる団長代理。
何もかもが初めて。試行錯誤の日々でした。
でも、出会いに恵まれ、旅団に恵まれ、大変楽しい時間を過ごせました。
向こうのキャラのブログは持っていないので、ここでお礼を。
ありがとうございました。


追記でTW1キャラ語り。ラヴィエラとの比較。
見て面白いものではありませんが、ちょこっと記録しておきたくて。
TW1のキャラは茶髪・茶目の優男風の兄ちゃんでした。
色の濃淡の差はありますが、茶系なのはラヴィエラと一緒。
絵師様のお力でかなりのイケメンになりました。
恋愛感情を抱かれたことは無かったけど。
ただ一人を除いては。

TW1キャラは人懐っこく話し易い性格だったのでRPし易かったです。
キャラメイクで失敗した点は甘い物苦手設定。
お茶会で他の方々に気を遣わせてしまったように思います。
食べ物の苦手は無い方が良かったなあ。
ラヴィエラは一度やってみたかった意地っ張り設定なので、
性格は全然似てません。TW1のキャラは素直だった。
TW1→TW2→TW3とだんだん人付き合いが不器用になっています。
人は好きなんだけど。

出自は職人一家。
優雅なもの、綺麗なものとは無縁だったので、憧れていました。
経緯は違うけれど、綺麗なものに憧れるのはラヴィエラと同じ。
身近に無かったからこそ憧れる。
手に入らなかったからこそ手に入れたい。
彼は冒険者になってから綺麗な城に住みつきます。
憧れを凝縮したような『城』に。
これが最初の旅団で、最後まで居ました。
途中、一年くらい団長代理をしたりして。
団長っぽいことなんてスレッドの位置調整くらいしかしなかったけれど。

そのお城で運命の人と出会います。
年齢差10歳!
普通にいけば、「妹みたいな可愛い子」のままでした。
しかし、まさかの「6年後」設定。
(一カ月弱で六年経ったことになるという公式設定)
兄ちゃんはアラサーに。彼女は20代に。
兄ちゃんは悩みつつも思いを打ち明けました。
ずっと思いを寄せてくれていたあの子を、彼も好きになっていたのです。
……書いてて照れるっ!私が照れてどうすると思いつつもやっぱり照れる!
とにかく、最後はビシッと男から打ち明けねば、と彼は頑張りました。
照れ屋だけど、照れ屋なりに。
そして迎えたハッピーエンド。
きっと末永く幸せに暮らしたことでしょう。
ラヴィエラもそんな素敵な結末を迎えられたら良いなあ。
スポンサーサイト


カテゴリ



最新記事



プロフィール

ラヴィエラ

Author:ラヴィエラ
このブログはPBW『エンドブレイカー!』のPCラヴィエラ(c03887)のキャラブログです。

ブログ内の物語は全てゲーム世界の中の話であり、現実世界とは一切関係ありません。

【リンクについて】
ラヴィエラの知り合いに限りリンクフリーです。
リンク報告は必要ありませんが、報告して頂ければ喜んでリンクをはり返します。
報告がなくても気付いたらはり返すかもしれません。



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。