睡蓮の幻
泥の中に根を張って、冷たい水の上に美しい花を咲かせる。その花の名前はナークローゼン(睡蓮)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子様(オリキャラ)とお母様(作者)が一緒に答えるバトン
【お子様(オリキャラ)とお母様(作者)が一緒に答えるバトン】
エンブレ式に言えば、
お子様(PC)とお母様(PL)が一緒に答えるバトン
って感じね。
完全に会話形式で進むから好き嫌い分かれるかも。
私はそういう会話を読むの結構好きだけど。

(回答は追記に)
お子様(オリキャラ)とお母様(作者)が一緒に答えるバトン

あなたのお子様(オリキャラ)を紹介していただくバトンです。
キャラを一人選んで、ご一緒にどうぞ。


■01.あなたとお子様の名前をどうぞ
背後「私に名乗る名などない!(キリッ)」
ラヴィ「格好良さげに言ってるけど、単にHNを決めてないだけじゃない」
背後「うーん、『もや』にしようか『もやし』にしようか別のにしようか。
   迷っていて決まらないのです。あ、こちらはラヴィエラです」
ラヴィ「ラヴィエラ・ナークローゼンよ」

■02.では読み方は?
ラヴィ「そのままよ」

■03.名前の由来はありますか?
背後「ラヴィエラの la vie (ラヴィ)はフランス語の『人生・活力』」
ラヴィ「たった今、適当に決めなかった?」
背後「ソンナコトナイヨー」
ラヴィ「それじゃ、ラヴィエラのエラは何よ?」
背後「エラ……実はエラ呼吸できるという設定が」
ラヴィ「嘘つき!やっぱり適当じゃない!」
背後「ナークローゼンはスウェーデン語で睡蓮という意味です」
 
■04.お子様の外見をどうぞ
背後「外見はクールなお姉さんっぽい」
ラヴィ「自分では金色の瞳が気に入ってるわ」
背後「髪は黒と茶で迷ったんだけど、茶の方がマイルドかなーって」
ラヴィ「マイルドって……」
背後「本当の理由は、黒髪金目はミステリアスなイメージがあったので、
   ミステリアスじゃないラヴィエラには茶色の方が合うのでそちらに」

■05.では特技とかは?
ラヴィ「無いわ」
背後「先生!方向音痴は特技に入りますか?」
ラヴィ「何よ、先生って!それに私は方向音痴じゃないわ!」
背後「特技はツッコミかもしれません」

■06.趣味はありますか?
ラヴィ「読書と人間観察かしら」
背後「休みの日にはカフェ巡りしてるんだよね?」
ラヴィ「ええ、他にコンサートや展覧会に行くこともあるわ」
背後「芸術的なものが好きみたいです(今まで縁が無かったからね)」
ラヴィ「あと淑女ごっこもよくやるわ」
背後「ごっこ遊びが好きらしいです」

■07.ちなみにお年は?
ラヴィ「18歳よ」
背後「まだ子供です」

■08.そうなんですか。じゃあ誕生日とかは?
ラヴィ「7月9日よ」
背後「銀雨のキャラの半年後ってだけで決めました」

■09.あ、もうすぐですね。
ラヴィ「えっ!?」
背後「えっ!?」

■10.さて、もう少し広げて聞いてみましょう。
ラヴィ「いいわよ」
背後「はいはい」

■11.お子様にお友達はいますか?
ラヴィ「私に友達がいないように見える?いるに決まってるじゃない」
背後「たくさんの素敵なお友達がいます」

■12.お子様の職業は?
ラヴィ「新聞社の社員よ」
背後「ジョブとしては魔法剣士です」

■13.そうなんだ。ちなみに収入はおいくらくらい?
ラヴィ「秘密」
背後「えー」

■14.結構貰ってますね。ではお住まいは?
ラヴィ「えっ!?あなた私の給料知ってるの!?」
背後「そこはつっこんではいけない所。で、住居は?」
ラヴィ「なんか傾いてる所に。仕事が忙しい時は会社に泊まる事もあるわ」

■15.ふーん。じゃあ近所には何かありますか?
ラヴィ「色々なもの」
背後「たぶん市場とか商店街とか色々あるのではないかと」

■16.いいとこ住んでますね。お母様(管理人さん)は?
背後「秘密です」
ラヴィ「えー」

■17.そうなんですか。ではお子様に彼氏(彼女)はいますか?
ラヴィ「今はいないわ」
背後「過去にもいません。ラヴィエラは(絵師様パワーで)美人だけど、
   空気が読めないので、(過去の)仲間内では好かれるよりもむしろ
   彼女に対して腹を立ててる人が多かったようです。
   同類の癖に綺麗事ばっかり言いやがって!むかつくぜ!みたいな」
ラヴィ「えっ!?だって私、騎士だもの。綺麗事言って何が悪いの?」
背後「(小声で)本当は騎士ではありません」

■18.ほうほう。お付き合いは何年前から?
ラヴィ「貴方、実は人の話聞いてないでしょう?」
背後「インタビュー項目を読んでるだけなんだよ、きっと」

■19.そうなんだ~。で、どこまでいきました?
ラヴィ「やっぱり全然話を聞いてないわね!」
背後「ここもつっこんではいけない所だよ」
ラヴィ「取材する時はちゃんと人の話を聞くべきよ」

■20.まあ頑張って下さい。 さて、そろそろ終りですね。
ラヴィ「そうね」
背後「そうですね」

■21.お子様の夢(野望)はありますか?
ラヴィ「教えない」
背後「(小声で)誰かにとっての唯一無二な存在になることが夢です」

■22.それは凄いですね。ではそれを叶えるために努力していることは?
背後「とりあえず人並みの知識・常識を身に付けようとしてます。
   記憶の穴埋めというか記憶の代わりというか……大体そんな感じ」
ラヴィ「努力はしないよりもしたほうがいいじゃない」

■23.へええ。じゃあ過去の方も聞いてみましょう。
ラヴィ「過去がないのよ。記憶喪失だから。でもたぶん騎士だったわ」
背後「(小声で)それは完全に思い込みです」
ラヴィ「過去の夢を見たのよ、城塞騎士だった頃の」
背後「(小声で)夢で見た都合が良い部分だけを繋ぎ合せたのです」

■24.大変ですねぇ。それはまだあなたに何かしらの影響力をもっていますか?
ラヴィ「『それ』って何?記憶がないこと?騎士(推定)だったこと?」
背後「(騎士ではないので)記憶が無いことかな。影響してるよね?」
ラヴィ「それはそうよ。記憶が無いんだもの。『新しい私』になったわ」
背後「過去が無いなら、今までの性格とは多少違っちゃうでしょう」

■25.本当に大変ですねぇ。
ラヴィ「そうでもないわ。今、とっても楽しいもの。問題無いわ」
背後「出会う人みんなに助けられ、楽しく暮らしています。
   ただ時々、得体の知れない焦燥感や喪失感にかられてふらふらします。
   記憶が戻れば放浪癖はおさまります、たぶん」

■26.最後の質問です。
あなたはこれからお子様にどのような運命を背負わせるつもりですか?

背後「記憶が戻ったとしても今のラヴィエラは壊れません。
   旅団では今まで通りです。ブログでちょっと呟く程度かな」
ラヴィ「え?いつか記憶が戻る日が来るの?」
背後「わかりません。ラヴィエラは無意識的にですが、過去の思い出に
   繋がる行動を避けていますので、このままだと思い出しにくい」
ラヴィ「え、私、そんなことしてないわ……」
背後「思い出したい反面、思い出すのを恐れてもいるのです」

■27.ありがとうございました。何か言いたいことはありますか?
ラヴィ「ここまで読んでくれてありがとう。貴方って忍耐強いわね」
背後「こんなアホな会話を最後まで読めるとは……!」
ラヴィ「アホなのは背後だけよ。私は普通だもの」

■28.では回す人をどうぞ
背後「これは好き嫌いが分かれそうなのでセルフサービスで」
ラヴィ「ベリアスとセシルなら回しても大丈夫よ。いつも楽しそうに会話してるし」
背後「では、ベリアスさんとセシルさんに!でもスルーしてもOKです」
ラヴィ「他にも会話形式に抵抗がない方は是非持っていってね」
スポンサーサイト


カテゴリ



最新記事



プロフィール

ラヴィエラ

Author:ラヴィエラ
このブログはPBW『エンドブレイカー!』のPCラヴィエラ(c03887)のキャラブログです。

ブログ内の物語は全てゲーム世界の中の話であり、現実世界とは一切関係ありません。

【リンクについて】
ラヴィエラの知り合いに限りリンクフリーです。
リンク報告は必要ありませんが、報告して頂ければ喜んでリンクをはり返します。
報告がなくても気付いたらはり返すかもしれません。



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。