睡蓮の幻
泥の中に根を張って、冷たい水の上に美しい花を咲かせる。その花の名前はナークローゼン(睡蓮)。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からっぽの里帰り
きちんと過去と向き合おう。
そう思えるようになった。
応援してくれる人がいるから。
だから私はアクスヘイムへ向かったの。
記憶の手掛かりはきっとそこにある。

メロがついてきてくれたから、アクスヘイムまで迷わずに辿り着けたわ。
予想していたよりも大分早く。
メロにも行きたい場所があるから、アクスヘイムの中では別行動。

私は下層へ降りる。
記憶はぼんやりしているけど、行くべき道ははっきり分かる。
不思議なほど迷わなかった。

■ ■ ■

よく夢に出てくる場所がいくつかある。
まずはそのうちの一つ、小さな家に行ってみる。
そこはたぶん私の、私たちの家。

その家はからっぽの街の中にある。
放棄領域になった街。
その街に兄さんと、仲間たちと住んでいた。
仲間。……騎士団の、仲間、だった、かしら?
小さな家に私と一緒に住んでいたのは兄さんだけだった気がするわ。

実際にその場へ行くと、夢の中とはだいぶ雰囲気が違っていた。
小さな家は廃墟同然になってた。
扉を引くと、錆びついた蝶番が壊れて外れた。

記憶を失ったのが16歳くらいだったから、
最後に訪れた時から少なくとも3年は経ってる。
でも3年でこんなにボロボロになるのかしら?
人が住まなくなった家は劣化が早いって聞いたけど、
ずっと長い間、誰も出入りしていなかったのかしら?
兄さんは私が居なくなってすぐに引っ越してしまったのかしら?
ここは放棄領域だし、当然と言えば当然ね。

家の中は予想通り埃だらけ。
軋む階段を慎重に上がる。
2階には私の部屋があったはず。

ドアプレートには私の名前が彫られていた。
恐る恐る部屋のドアを開ける。

純白だったレースのカーテンは
今はもう黄ばんでいて、所々ほつれていた。
うっすらと積もった埃に時間の流れを感じる。
なんとなく懐かしさと、なぜか少しの罪悪感が胸をよぎるけれど、
感傷に浸ってる暇はないわ。
何か手がかりを見つけなきゃ。

舞い上がる埃に苦戦しながら、片っ端から引き出しを開ける。
フリルいっぱいの少女趣味な服がたくさん出てきた。
……私はこういう服が好きだったのかしら?
煌びやかなアクセサリー。
……随分高そうだけど、お金持ちだったのかしら?

まるで隠すかのように、引き出しの奥深くに置かれた箱を見つけた。
その箱の中には鍵付きの日記帳。
日記の鍵はキャビネットの引き出しの裏にテープで張り付けてあった。
鍵を引き出しの裏に隠すのって推理小説で見たことあるのよね。
私は日記帳と鍵を鞄の中にしまった。

隣の部屋にも何かないか探しに行かなきゃ。
隣は確か兄さんの部屋だった。
ドアプレートの文字を見る。
レヴィ。
それが兄さんの名前だったのね。
それでもまだ思い出せない、兄さんの顔を。

兄さんの部屋は、私の部屋と比べてシンプルだった。
ベッドと箪笥だけ。
探す場所はあまりなさそう。
と思っていたら、ベッドの下にトランクケースがあった。
ベッド下から引っ張り出そうとすると、予想外に重い。
悪戦苦闘してなんとか引きずり出してケースを開けると、
中には大量のダルク金貨と、一目で高価とわかる宝石が詰まっていた。
なんでこんな大金持ってるの!?
意味わからない!

ああ、もしかしたらさっきの日記帳に手がかりがあるかも。
鍵を開けて日記を開く。
するとそこには予想外のことが書いてあった。

日付、場所、金額、それから犠牲者の数。
場所はいろいろな地区を転々としている。
金額はまちまちだけど、大抵は高額だった。
最初の頃は金額の下に「同地区貧民街に○%配布」と書かれていたけど
途中から無くなっていた。
犠牲者の数は後半になるにつれ増えて行った。

これは、もしかして、『罪の記録』?
私は、私たちは、騎士じゃなくて、盗賊、だったの?

最後のページは書きかけのまま途中で途切れていた。

7/5  奴隷商人の屋敷
北地区 旧市街外れ 森のそば(地図3-A ☆印のところ)
一つ上の階 工業都市
一つ下の階 放棄領域
逃走ルート 地図参照


金額も犠牲者の数も書かれていない。
もしかしたらこれが最後の事件だったのかも。
その時に何かがあったのかも。
『私』は記憶を失ってここに戻ってこられなかったから
日記に『結果』を書くことができなかったんだわ。

どうしよう。
知るのが怖い。
知らないのも怖い。
悪い想像ばかり膨らむ。

それでも知らなきゃいけない。
私は地図を探すために立ち上がった。
スポンサーサイト


カテゴリ



最新記事



プロフィール

ラヴィエラ

Author:ラヴィエラ
このブログはPBW『エンドブレイカー!』のPCラヴィエラ(c03887)のキャラブログです。

ブログ内の物語は全てゲーム世界の中の話であり、現実世界とは一切関係ありません。

【リンクについて】
ラヴィエラの知り合いに限りリンクフリーです。
リンク報告は必要ありませんが、報告して頂ければ喜んでリンクをはり返します。
報告がなくても気付いたらはり返すかもしれません。



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。